儲かる副収入・副業-ヤフオクでは、こんな商品が売れている

ヤフオクことYahoo!オークションでは「えっ!?こんなもの売れるの?」というものが、結構あります。無料もしくは安価で手に入れられるものなのに次々と落札が入ったりします。そんな商品を紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

100円ショーケースを狙い撃ち

「100円ショーケース」というのはヤフオクの1つの戦略で、今まで個々人が1円スタートなどをして、意外高で落札されるケースが多いことから、実勢価格の高い物を「100円ショーケース」としてまとめることで、売り上げアップを計ろうとしたものです。

しかしこの「100円ショーケース」に出品するためには、出品者はYahoo!に対して1日あたり20円(税込21.00円) を支払わなければなりません。

10万円以上の商品ならいざ知らず、ヤフオクで取引されるのは、1万円以下が主力。

だからどうしてもこの出品手数料・1日あたり20円(税込21.00円) というのは少なからずの負担になります。

10点を1週間出せば、合計で売れても売れなくても1400円(税込1470円) かかります。

10点とも思い通りに落札されれば、費用対効果はありますが、ほとんどが安値で落札されてしまいます。

商品によっては、100円のまま落札されてしまう場合も。

しかし出品者泣かせのこの「100円ショーケース」も落札者側にとってみたら、こんな美味しい物は、ないというわけです。

100円ショーケース狙い撃ち

「100円ショーケース」のルールは、

「100円ショーケース」を選んだ場合、開始価格を100円に設定しなければならず、即買価格を設定したとしても場合も100円でしか設定できませんし、最低落札価格の設定もできません。

やはりこの1日あたり「100円ショーケース」が伸び悩む原因として考えられるのはヤフオク側の宣伝が周知徹底されていないのか、落札者側も「100円ショーケース」の中から検索することが少ないというのが挙げられます。

しかしその逆を行く落札専門(せどり)にとっては、一部の人たちだけが、このシステムを使って大儲け。

つまり「100円ショーケース」に出品する人は、そのカテゴリーに大量に出品する人が多いことに目をつけています。

つまりシーズンオフになって売れ残った商品。
在庫過多になってしまった商品。
売れる見込みのない商品。

などなどを投げ売りという形で(最終的に100円で落札されても構わない)出品します。

たとえばベビー服100点ほどを大量に出品したとします。

するとその業者は10点を「100円ショーケース」にて出品し、通常のカテゴリーに残りの90点を出品して、興味を持った顧客を移動させます。

当然に同一人物ですから、値切りも可能の場合も多いし、同梱も可能の場合も多いわけです。

つまり100円で落札されても、トータルでは何とか目標金額に近い売り上げを上げることが出来るというわけです。

しかしそこまで綿密に戦略を錬っていない人たちは、この「100円ショーケース」の餌食となります。

だからそれを細かくチェックすることで、かなりお買い得価格で購入できるわけです。

100円ショーケース狙い撃ち
スポンサーサイト
[ 2009/11/05 10:17 ] セール | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

一括査定で比較
全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
就職・お仕事
1873位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業/独立
308位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
プロフィール

harumacky

Author:harumacky
FC2ブログへようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。